介護 副業 生活支援員 福祉

介護職員・生活支援員は全員副業をするべき7つの理由

  1. HOME >
  2. 介護 >

介護職員・生活支援員は全員副業をするべき7つの理由

豚の貯金箱

悩んでいる女性
介護職員として働いているんですけどお給料が少なくて生活が大変です。

介護はやりがいもあるしとても好きな仕事なので続けていきたいのですが

このままでは転職も考えなくてはなりません・・・

障がい福祉の生活支援員として働きはじめました。

早く出世するためにたくさん現場に出て経験を積みたいのですが・・・

何かいい方法ありませんか?

悩んでいる男性

こんな悩みにお答えします。

結論からお伝えしますとこれらの悩みは副業をはじめる事によって解決する事ができます。

福祉業界の現場でお仕事されている方のほとんどが上記のような悩みを抱えていますよね。

僕が実際に上記にあるような悩みを副業をする事によって解決してきましたので参考にしてみてください。

副業をオススメする理由

僕が職員全員が副業をするべきだと思う理由はこちらです。

理由

  • 収入が増える
  • 介護力・支援力が上がる
  • 他業種の知識を得る事ができる
  • 福祉の仕事の素晴らしさを再確認することができる
  • 転職する時に有利になる
  • 人手不足の解消
  • ブラック企業が消える

1つずつ見ていきます。

収入が増える

副業をはじめるのに一番多い理由は単純に収入が増えるからです。

福祉はまだまだ収入の低い業界です。

業界全体で「大変な仕事なんだから給料を上げてあげればいいのに」「必要な仕事だから絶対に給料が良くなる」などの声はよく聞きます。

現実には言われているだけで全く上がってないですよね?

2019年10月から「介護職員等特定処遇改善加算」が創設されましたが収入が増えるのは介護福祉士の資格を持っている人や勤続10年以上のベテランのみの事業所が多く本当に困っている職員が多い現実は変わっていません。

収入が増えると生活が豊かになり心の安定にも繋がります。

実際に僕も副業をはじめ月に3万円の収入を得る事により生活に余裕が持てるようになりました。

今のお給料で満足に生活ができていないのであれば副業で収入を底上げするべきです。

介護力・支援力が上がる

副業をする事で収入を得ながらスキルアップする事ができます。

お金を支払って講習などに参加するよりとても効率的ですよね。

同じ福祉の業界でも会社によって考え方や方法は様々です。

同業他社で仕事をすると今まで知らなかった介護、支援の方法を勉強する事ができめちゃくちゃタメになる事が多いんです。

まつきょん
僕は副業をして得た知識や技術を本業でも活かす事でキャリアアップにも繋がり収入もアップする事ができました!!

他業種の知識を得る事ができる

福祉の仕事とは全く関係のない業界の副業をしてみるのもオススメです。

副業する時くらいは福祉の仕事以外の仕事をしてみたいと思う方もたくさんいます。

他業種の仕事から学べることもたくさんありますし何よりも新しいチャレンジをしてみる事はとても大事な事です。

転職をする時に有利になる

副業をしていると転職がスムーズにできる事が多いです。

気になっている職場をお給料をもらいながら体験する事もできますしそのまま引き抜かれるなんて事も少なくありません。笑

他業種への転職の場合でも同じです。

「この仕事は自分には向いていないな・・・」

なんて悩みもなくなります。

まつきょん
僕は介護の仕事をしながら副業で障がい福祉の仕事をはじめ今は障がい福祉の仕事をしています!!

福祉の仕事の素晴らしさを再確認することができる

僕は他業種での仕事を副業としてはじめた時に介護の仕事の楽しさ、重要さを再確認することができました。

決して他の業種が良くないと言っているわけではありません。

福祉の業界で働いている人は大体の人が自分の仕事に誇りを持っていますし現場が好きな人が多いですよね。

しかし給料の低さや過酷な労働環境に耐えきれずに離職してしまう人が多く苦しんでいる状況は何年にも渡り続いています。

僕も仕事の内容がキツくて何度もやめようと思う時があり他業種への転職を考えまずは副業で働いてみました。

単にその業種に合ってなかっただけなのかもしれませんが仕事を楽しいと思うことはありませんでした。

そして本業で仕事をした時に思ったんです。

まつきょん
僕は介護の仕事が好きなんだなー

今は障がい福祉の仕事をしていますが同じ福祉の仕事ですしとても楽しく仕事ができています。

何を伝えたいかと言うと福祉の仕事は素晴らしいって事です。笑

人材不足の解消

福祉業界全体の悩み・・・それは人材不足です。

福祉業界だけの問題ではありませんが人材不足はとても深刻ですよね。

人材不足も職員全員が副業をする事で解消できます。

週に1度でもいいので経験者の方がパートとして仕事してくれたらめちゃくちゃ助かりますよね?

あなたがもしその立場なのであれば重宝される事間違いなしです。

ブラック企業が少なくなる

福祉の業界にブラック企業が多いことは明らかです。

今あなたが働いている会社はブラック企業ではないですか?

ブラック企業とわかっていてズルズル働いたりしていませんか?

ブラック企業で現在働いている方が同業他社で働く事で転職する人が増えます。

転職をする人が増えるとブラック企業は経営が成り立たなくなりますよね。

あなたが今働いている会社以外にも福祉の会社はたくさんあります。

ブラック企業も人の流出が止められないのであればホワイトな経営をせざるを得なくなります。

転職をする事で自分の環境を変える事ができブラック企業側も改善せざる得ない状況を作りだし福祉業界全体がホワイトな環境になる。

素晴らしいと思いませんか?

今一度あなたが今の会社にいなくてはいけないのか考えてみるべきだと僕は考えています。

まとめ

以上、介護職員・生活支援員は全員副業をするべき7つの理由でした。

収入を上げてスキルも身に付く副業。

福祉業界は収入が低いからなどと諦めず自分の人生がどのようにすれば好転するのかを考え行動してみる事をオススメします。

今回は以上です。

-介護, 副業, 生活支援員, 福祉

Copyright© Kyon Blog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.